草津




草津に着くとそこは猛吹雪・・・。


とりあえず、草津国際スキー場に行くが、降りてくる人多数。
ゴンドラも停止されているという。結局滑ることなくスキー場退散。


それなら、湯畑に行ってみよう



足湯には浸かれないな・・・。


人もさっぱり居ない。


こんなに降っているもんだから。
近場の白旗の湯に行ってみる。


草津の湯は強酸性と言う。長時間は浸かれないそうな。


なかはモヤモヤで何にも見えない・・・。中がどうなっているのやら???
湯船がいくつあるのかすら分からない。外は寒いし、しっかりと温まっておこう。


寒いのでパパパッとダッシュ着替えて退散だ。
扉を開けると、雪が吹き込んでくる(寒いっ)。


あそこは暖かそうだ。何だか風情あるな。

 
西河原通り、人はさっぱり。

 
寒いので、お土産屋さんに一端退避。


お次は、千代の湯だ。


レッツゴー。


脱衣所の窓が開いていて、隙間風ビュービュー。
非常に寒いのだが、凍り付いていて閉められない・・・。
窓の淵には雪が積もっている。


なかなか風情ある通り。


湯畑を。


湯煙であまりよく見えない。

顔型
これくらいしか、やることが・・・。


宿に戻って



ちょっとだけ出しておいたお酒も直ぐに埋まってしまう・・・。
明日はどうなるんだろうか???




翌朝、窓には吹き付けられた雪が。


こんもり積もっている。


外はやっぱり吹雪いている。


車庫内の車も、綺麗にスノーコーティング(奥に停めているのに!)。


車庫の前は30cm以上もの積雪、どうやって車庫から出るんだか。


すると、ズゴゴゴゴーと除雪車がやってきた。
やっちまってくれー!と車庫前の雪を除雪してもらう。
人力では、なかなか進まなかった除雪もあっという間に。凄いよ除雪車。


それっ、今のうちに脱出だ。本日の第1目標は、草津を脱出すること。
無事に帰れるんだろうか・・・。

 
前の車にどいてもらわないと。宿のオーナー、そのまま車を出してくれた。
って、ぜんぜん前が見えてないけど大丈夫か???


帰りは大渋滞。ここまで来るまでの道中が大変であった。
視界猛烈不良、雪で道幅狭し、おっかなびっくりの走行であった(撮影の余裕もなし)。


それでも、上りルートはまだ良く、反対車線はチェーンを巻く車や事故車のせいで大渋滞。
っていうか、止まってしまった車のせいで全然やってこない。


坂道では乗客(?)に押してもらうバスが!?


年に1度の酒フェスタとやらに寄ってみる。

 
酒粕のつかみ取りだ。



帰り道に橋脚が!

 
鼻息荒く、撮って!撮って!とお願いする(運転中なので)。
立派な橋脚だ、太陽をバックに良い味出している。


こちらは、細っちい橋脚かな。

散々な草津スノボツアー、一時はどうなるかと思ったよ。
温泉には何とか入ったし、橋脚も見られたから良しとしよう。