ボルダリング J&S@池袋




本日は池袋は南に位置するJ&S@池袋店へと行くことにした。
途中、池袋で美味しいと評判のどらやき屋さんすずめや に寄ってみたけど、開いておらず(?)。残念。
とりあえず、池袋より南へ後藤学園の建物を左手に見ながらテクテク。


肉のはなまさを左に歩道橋手前の道を右折だ。


曲がって直ぐ左手にジムがあるのだけれど、直ぐすぎてこのときは気づかずテクテク奥へと。


右手にはおしゃれなカフェがあって、左手にはボルダリングジムが入るという大同ビルが。
が、地下に通じる階段は自転車によるバリケードがっ!あれれれれ?


自転車越しにドアを開けようとするけど開かず。仕方ないので、割と近くにある別のジム、T-WALL@江戸川橋店に行こうかと
テクテクしながら、一応ジムに確認の電話をしようと会員書を取り出してプルルルと。


すると、場所は変わらずに、営業もしているとのこと。
もう一度アタックと、再び右折してよく見ると看板も出ているじゃないのと(写真を撮っていて気付かなかったよ)。
そのドアは、一見さんお断りのような雰囲気を醸し出していて、入るのがためらわれる。


ドアを開けると、暗い階段が地下に通じていて、進むのが、これまたためらわれる(肉眼だとかなり暗い)。


勇気を出して階段を下りると、J&Sらしい下駄箱に受け付け。


でも、こちらの池袋店は恵比寿と違って、更衣室が男女別なのだ。


荷物を置いておけるスペースもカーテン左にあり!


こちらは受付から見たジム内部。地下という場所に加えて雰囲気がなんだか秘密の特訓場。


ジムの奥右には酒瓶を模した円柱形の壁が。


こちらは、ジムの奥より受付の方を見たところ。


ジムの課題難易度説明。結構細かく難易度設定。


その下も課題説明かな?と思ったら、普通の食事メニューであった。


こんな感じで、J&Sマジック、課題ルートを追うのが難しい!


酒コースも、「常温→人肌→ぬる→熱→飛切」てな設定だけど、常温からして難しい!
そして、課題コースを追うのも難しい!「常温4」はどこをたどれば良いんだ???


受付そばにある2面が初心者用というけれど、ぼちぼち難しいよ。


あまり調子も良くなかったので、ほどほどにしてJ&Sを退出。
全体的に、初心者課題は少なく、グレードゾーンは難しめかな。

とりあえず、狭いジムにしてアットホームな感じで、スタッフの人も気さくに声をかけてきてくれる。
ジムをあがる人も皆声かけて退出するといった感じで、一見の自分も声かけられるほど。
むぅ~、池袋にして地方ジムのような雰囲気だ、さすがJ&Sといったところか(地方ジム行ったことないけど)。

猛者ばかりかと思いきや、結構初心者もいたりして。J&Sって、恵比寿と言い、中野と言い幅広いレベルの人が集まるな。
そんな雰囲気のJ&S@池袋。こりゃ、2,3度通ったら顔見知りだね。