湯川クライミング

久々の外岩企画、湯川にてクラッククライミング だ。
いや、ラオスでもクライミングをしてきたから、正確にはそれほど久々でもないんだった。


到着して正面のサイコキネシス(5.10c)。 トップロープでトライする人がいた。
こちらは湯川三大クラックと呼ばれるものの1つだそうな。


こちらが、もう一つの湯川三大クラックであるバンパイア(5.10c)。 高い!


こちらはデゲンナー(5.8)。 結構難しそうに見えるけど…。
2本目としてリードクライミングで取りついてみたけど、カムの取りつけでまごまご、見事にテンションしまくり。


ふたたびバンパイアに戻って荷物拠点とする。さすがに、これでアップはないよね。


とりあえず台湾坊主(5.9) からということで、ロープを張ってもらう。
さすがに、いきなりでカムをセットしつつリードクライミングは怖いよねぇと。


トップロープだと何とかできるんだけどね・・・。カムをセットしながらだとレベルは段違い。


フォーサイト(5.10a/b)。 これは・・・、今日は触らんだろうなぁ。



こちらは北京の秋(5.10b) かな。この辺から、ずっとオブザーバーに徹していた。


再びサイコキネシス(5.10c)にて本日のクライミング締め(これは自分じゃないけど)。

湯川にて慣れないクラックの外岩企画。しかし、山での花粉にやられて水鼻がたらたらとクライミングどころじゃなかった。
持参していたティッシュは底をつき、かみ過ぎで鼻も痛くなる始末。頭もボーっとするし、デゲンナーのジャミングで手の甲は痛いしで散々。
しかし、昨夜に何度かのやり取りを経てアメリカのオンラインサイトにてカムの注文を済ましたからには、クラック練習に励まなければっ!!