鑑賞のススメ
・teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe@Pola Museum Annex
・藤城清治影絵展(幸せをよぶ光)@教文館


本日は午前中開始の銀ぶら。午前開始なのはAM限定の買い出しと展示会場の混雑回避するため。
そんな訳で、いそいそと午前開始の銀ぶら内容はこんな感じ。

(1) 買物(パン)@ESqUISSE
(2) 鑑賞(teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe)@Pola Museum Annex
(3) 鑑賞(藤城清治影絵展(幸せをよぶ光))@教文館
(4) コーヒーブレイク@ロイヤルクリスタルカフェ


 
先ずは、銀座駅から地上に出て・・・。何だかGAPの建物が良い感じ。


向かうはESqUISSE(エスキス)。超高級フレンチゆえに食事で来ることはできないけれど・・・。


なんとなんとで、9:30~11:00限定で持ち帰りのパンを販売しているとのこと(行くっきゃないよね)。
そんな訳で、前々から気になっていたのだけれど、午前中に銀座に来ることなんてないから、なかなか来ることもできず。


驚いたのは、パンだけの購入なのにエレベーターのボタンを押してくれて、見送りしてくれるホスピタリティ(さすがミシュラン)。
パン購入でお店の入り口まで見送りしてくれたのって、他はDominique SAIBRON@新宿だけだな(もう撤退で閉店)。
で、肝心なパンのお味は・・・、『ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!』 と、銀座でパンを買うならlecrinかESqUISSEですわっ。


衝撃のESqUISSEを後にして、向かうはPola Museum Annex。


こちらでは、teamLabによる 『Walk Through the Crystal Universe』 が開催されている。


光で表す宇宙空間と称される、その作品やいかに!?


おぉっと、これは凄い!写真じゃ伝わらない、その光の宇宙感。『Crystal Universe』の動画はこちらで見られる


これは、下から光が噴水の様に跳ね上がる。その躍動感が良い。


あ~、この感じ、良いですね。何だか、宇宙のようであり、また、神経細胞の中を浮遊しているようでもあり。


こちらにあるLEDは6万個程もあるという。1つ1つをプログラムして作りこんでるんですよね(凄い!)。


色も青だけでなく変化する。


こんな感じのLEDが無数に配置されている。


あぁ~、光が流れていく。自分も宇宙空間を浮遊しているかのような。もしくはシナプスの入江ですな。


開場の11:00きっかりに着いたのに、既に沢山の人が。午後になったら、どうなるんだか!?


ちなみにスマホと連動して、好きな星を送信することで描き出すことができるっ(混雑してるのでやらなかったけど)。


光の流れが良いな~と暫く見入っていた。


お客さん後からどんどん。


光がぽつんぽつんと何かをため込むような・・・。

  
ドバーッ!と光の洪水が流れていく(写真じゃわかりにくいけど)。これ、中にいると、本当ワープでもしているかのような錯覚。


当然ながら写真撮影OKの展示会です。


ますます、混雑。


下から上へと流れ星が流れてくかのような。


ドバババーッと光の洪水!良い作品を見て・感じて・体験することできました。


↓次に向かう場所は↓

教文館。初めての訪問です。


こちらでは藤城清治の影絵展が開催されています。というか、教文館の建物が渋いっ!


と思ったら、「教文館ものがたり」なんてものも開催しているぞ。


さて、9階の『藤城清治影絵展(幸せを呼ぶ光)』 です。


展示場の受付が、なんだかカフェと言うかライブ会場と言うか、展示会っぽくない様相でした。


ポスタープレゼントしてました。今日は雨模様なのと荷物も持っていたので(パン)、残念ながら見送り。


さて、チケットを購入して中へと。受付のスタッフさん、可愛いかったです(ドキドキ)。


嬉しいことに、本展の作品はすべて撮影可能!その想いと藤城清治のコメントが。
妙に心に染み入るというか、感じるものあって、普段は読まないんだけど、全文読み入ってしまった。


作品には藤城清治の直筆(?)コメントあり!


会場唯一の2次元影絵ならぬ3次元の人形さん。


藤城清治の愛猫。ネコ目の多い作品は、ここから来ている!?


旅をした鬼の話。日本の鬼が遥かヨーロッパへと。


異国で悪さする鬼。


見つかってしまって追い立てられて、地下室で死んでしまいましたと。


画のタッチと白黒の影絵が絶妙にマッチですね。


白黒だけでなくカラーものも。


こちらはシンプルにして本人もお気に入りの作品に、ポップな作品も。


五島列島行きたい!九十九島八景も見てみたくて、ゆっくりゆっくり温めている企画。


藤城清治といったら、猫の目ですよね。


男の子バージョンと違って、賑やかで明るい女の子バージョン「猫の目」。藤城清治はコスモスの花が好きだそうです。


負の遺産。一本足の鳥居は去年長崎で見かけたな・・・。漫画『はだしのゲン』や小説『新世界』を読んだけど、原爆は絶対に駄目です。


これ、これ、これ。NHKで良く見かけたような。


再び負の遺産。「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」です。
従業員満足や中国の「先富論」といった考えが良く言われるけど、全体視点の考えって・・・、難しいね。


これも何だか気になる作品。藤城清治は銀座が好きだったとか。


「月光の響き」、良いっすね。


藤城清治が手術によって入院し、その病院の窓から描いた風景。


そのコメントの一言、一言が妙に心に響いた。


正面にあるのは、言わずもがな「軍艦島」こと端島です。


超大作に心打たれてしまった「聖フランシスコの生涯」。作品に対する意気込み、心構え、文句なしで大作です。
昔、ペルージャからアッシジを望んだことがあるけれど、そこがフランシスコの生誕地であったか。


ずらぁ~っと、作品が並ぶ。フランシスコの生きざまに、ただただ、恐れ入るばかりです。
作品も凄ければ、題材のフランシスコも凄い。


予想以上の満足感を得て、建物触れるため、渋い教文館の階段を一歩ずつ降りてみた(作品良ければ、建物も良い)。
会場後にして良い本を読み終えた読後感のような、心の高揚感じました(大満足)。


6階の「ナルニア国」とやら、子供の本コーナーもチラ見。


まだ営業開始していないCAFEきょうぶんかん 。残念ではあるが、本日は行くこと決めた喫茶店あり。


こちらは小スペースながら「教文館ものがたり」を開催。その歴史が展示されている。


帰りは階段で1階まで下りて裏側(?)の方から退出。1階には、こんな作品も展示。


振り返って教文館をパチリ。う~ん、歴史感じる建物だよ。アントニン・レーモンドによるアールデコ様式は当時モダンな建物。
アントニン・レーモンドは帝国ホテルの設計にもかかわっていて、そのレーモンド設計事務所には前川國男も学んだとか。


↓コーヒーブレイク↓

色々歩き回って疲れたので、休憩のために再びやって来たこちらのクリスタルビル。
9階は高級レストランのESqUISSEだけれども、地下には高級喫茶店なるRoyal Crystal CAFEがあるのだ。


こちらのRoyal Crystal CAFEはドトールコーヒーの創業者が 「最高の空間・商品・サービスを提供する、世界一のカフェを つくりたい」
という事で作ってしまったスーパーゴージャス喫茶店。前々から気になっていたが、ESqUISSEと同じビルであったとは、何たる偶然(?)。
お店の入り口の中でなく、外に掲げているその絵は、世間で言うところの名画ってやつですよね?ね?ね?(こんな所に大丈夫かいな)


入り口に置かれた食器棚にはアンティーク食器。骨董品レベルの高価なものだそうです。
18:00過ぎからは、こちらの食器を使用してコーヒーが飲めるとか。


とりあえず、コーヒーをいただきます。お値段¥1500~1800程。むぅ~。
美味しいパンをもぐもぐした後なので、食事はやめてコーヒーだけにしておきます。
ちなみに、お高いコーヒーだけど、お替りできるみたい!(メニューに書いてあった)


雑誌コーナーを見ると、ルネ・ラリックの本が。先週に代々木八幡の古本屋で見かけたやつだよ、と縁を感じて手に取ってみる。
今にして思うと、本と一緒に置いてあるガラスの作品もルネ・ラリックか!? 上の写真の電気スタンドも(きっと)ルネ・ラリック!


ちなみに、こちらが個室。個室には、それぞれ名画があるらしい。


やって来たコーヒー。ズビズビズビっとブラックにて(ちょっと飲んだ後に撮影)。美味いっす。
後半はミルクを入れて、これまた美味いっす(自分はミルク派なので、こちらの方が◎)。
ちなみに、奥にある袋はESqUISSEのパン!コーヒーと一緒にモグモグしたくなってしまったぜ!


お隣には優雅な水槽が。プチ、アルマハラ@ドバイな気分。


食器はロイヤルコペンハーゲンのモノでした。


用も無いのにトイレチェ~ック!
こちらバービー人形もいたのだけれど、着飾るドレスは定期的に着替えているとか。
そんな一品であれば、まじまじともっと見ておくんだった!一時も油断できんわ、この喫茶店。


高級そうな豆に、トイレのガラスはルネ・ラリック!?マジっすか!?
トイレにある鏡の縁にあった作品も(多分)ルネ・ラリック!


帰りに、ドアノブ良く見たら!こちらもルネ・ラリック!?いたるところに芸術品がっ!恐るべし!
美術鑑賞しながら、ゆったりまったりとお替り可能な美味しいコーヒーが飲めるんだから、これはお安い!?
まさに「最高の空間・商品・サービスを提供する、世界一のカフェ」でした!ルネ・ラリック好きの方は訪問必須!

今日は面白い作品に、心温まる作品、そして美味しいパンと美味しいコーヒーと数々の芸術作品に触れてしまうという
濃密にして大満足な一日であった。銀座って色々あって楽しいところなんだなと、最近になってようやく気付き始めましたわ。
ところで、何故だか親近感持つ影絵。何だろうかと思ったら、今ある卓上のカレンダーに影絵が付いてましたわさ。