イスタンブール経由の東欧(クロアチア、モンテネグロ、スロベニア、ハンガリー)

とある日、横から会話が聞こえてきた。『今年のGWは休みを取ってオーストラリアだな』
え?もしかして、大型連休ってやつなのかな?という事でカレンダー見てみたら、火曜~木曜が祝日という配置。
よっしゃ~!自分も休み取って、お出掛けしちゃうよ!と、行先検討してすぐに出てきたのがクロアチア

温め続けてきたクロアチア企画。もう、行っちゃっても良いよね?レッツゴー!てな感じで決定。
ついでに、前から気になっていたブダペストにも行ってみようと、クロアチアin、ブダペストoutで決定だな。
と、あまり深く考えずに勢いで旅程の大枠を決めてしまった。詳細化するときに、あれれ、どうしようかな?と…。


クリアチアと言えば、ドブロブニクにプリトヴィッツェが有名どころ。あとはスプリットなる場所も良いみたい。
が、クロアチアにそんなに滞在してもつまらんでしょ、あきるっしょ(※)。首都ザグレブも惹かれる場所ないな…。
※訪問した人が言うには、スプリットはドブロブニクとも赴き異なっていて、とても良い場所とのこと。

そんなクロアチア認識で色々検討…。日程とエリアから、やぱスプリットも行き先に含めるとするかなぁ。
スプリット経由のプリトヴィッツェが王道ルートだよね。ドブロブニクから北上しつつ、クロアチアをなめて行くような感じ。
王道の北上ルートに気乗りしないながら検討中、スロベニアにブレッド湖なるモノを発見! ここ行くっきゃないっしょ!


迷うことなくスプリットを対象から外して、旅程の再検討。ザグレブには飛行機で戻って、日帰りブレッド湖訪問かな。
と、ほぼ確定したところで、とあるブログを見ていたところ、早朝のブレッド湖ですんばらしい写真があった。

状況によるけれど、早朝のブレッド湖良いなぁ…(うっとり)。何とかならんかなぁ、と思っていたら、
なんとなんとで、ドブロブニクから南下してモンテネグロの空港よりスロベニアへと行くことできることを発見!
更に空港近くにはコトルなる観光名所も!来たぁ~! 見事高めの当り牌を引いて役作り完成した気分!
なんだか、あんまりしっくりしてなかった旅程だったんだけれど、この当り牌で求めていた完成系ができたという感じ。


今回、航空会社はトルコ航空をチョイス。乗り継ぎ時間の悪さから敬遠していたのだけれど、やってくれましたトルコ航空!
なんとで、チャンギ空港の様に市内無料ツアーを提供しているとのこと。その内容で目を引くのが、無料はもちろん、
食事付きにして、有名どころの入場料タダ+専用ルートで並ばずに入ることができるという!訪問場所は太っ腹にして、
ブルーモスクやアヤソフィアという訪問マストなところ。こりゃ、トルコ航空のイスタンブール乗り継ぎで行くっきゃないっしょ!



そんな訳で、役牌完成までの流れをくどくどと説明しちゃったけど、役牌手の内はこんな感じ。
ポイントは下記の2つ。過去の旅行運から考えると多分、大丈夫っしょ(←根拠なく、これが一番危ない)。

1. イスタンブール:テロ騒ぎがあって、要注意。場合によっては長時間ながら空港内待機も視野に。
2.  コトル(モンテネグロ):滞在1時間の超短時間観光。ドブロブニクからの移動時間によっては観光なしのスルー。