クライミング@榛名黒岩
 



ようやく仕事がひと山越えて、土日出社しなくても良くなったとある週末。空模様がイマイチ心配ながら榛名黒岩へとやって来た。そんなに人は居ないんじゃないかと言う貸切状態の岩場を予想していたのだけれど、駐車場は満車状態であった…。



ガードレールを越えて岩場へと。ガードレールを越えてすぐさま左へと(最初行き過ぎてしまった)。



こんな感じの道をテクテク。



ロープも張ってあるので道筋明瞭にして迷うことなし、岩場へも10分という嬉しいアプローチ。



ちょいと紅葉付いていますな。



ひっくり返しの大岩だそうです。見た目通り難しい課題とのこと。



庶民派クライマーはグレード色々の岩場へと。



現在地把握に戸惑ったけど、正面に見えるのが練習岩とのこと。



ザックを降ろして、先日仕入れたLe Petit Mecのパンで腹ごしらえ(もぐもぐ)。



岩場は荷物置ける場所があったり、なかなか快適エリア。



とりあえず、ルート名不明ながら練習岩に取りついてウォーミングアップ。



登ってみると、そこここにカメムシがっ!



お隣の30m近くのルートもトライ。5.9のグレードと言うけど、スタートと上部ちょと手前が少し難しい。



途中のテラスでガッツリ休憩できるぞと(パチリ)。



終了点はしっかりした環付きカラビナ。高度感たっぷりで久々の下降にドキドキ。



では、『降ろしてくださ~い』と。



ちょ、ちょ、ちょっと早くねっ!?てな感じの下降。



お隣のルートも登って、終了点でパチリ。



そして、あひるつるつる(5.11+)TRに挑戦。



スタート、右手2手目と最後の1手が厳しい、いや、全体的にも厳しかった。TRながら指が、腕が、チーンてな感じ。



終了点はこんなにもピカピカ、安心だ。



食べかけながら、パンオフロマージュ。むぅ~、こいつもブルーチーズとシチューの様なまろやかさとパンのハーモニーが絶品だ。



パンの美味さに、むぅ~と唸りながらやって来たのが、奥に位置する北壁。スコーンとそびえ立つ北壁は登れたら気持ちよさそう。



あそこが1ピッチ目の終了点か…。あそこでビレーする訳ね。



元に戻って、寒桜(5.10d)? をやってみた。既に力尽きていたので、自分はTRで挑戦。



下部はまだ良いのだが…。



テラスを越えて、最後の1歩手前が何とも厳しいっ。



ポツポツと空から降ってくるものがあったので、時間もちょうど良い時間だしと言うことで撤収。荷物をパッキングしていると、ポツポツも止んで濡れることも無く、無事に駐車場へと。


榛名黒岩、アプローチ短くてアップダウンも無いから楽ちんで、岩場はルートも色々あって良い場所だよ。久々の外岩で頑張ってしまったものだから、翌日は黒部で痛めた膝やら、その他節々がほんのり痛いっ。