クラッククライミング@三宅島:3日目(クライミングジム)



本日は最終日。ラビリンスのような間取りのラッパ荘を、こちらへあちらへで食堂へ。


食事を終えて、ショートの時間でやれることは、クライミングジムでしょ~と。
強者、K隊長とT隊員は果敢にもショートでレンタカーして、岩場へと(好きだな~)。



ジム組はゆっくりと、開店時間に合わせて、のらりくらりとテクテク徒歩で訪問。


途中にあったもの、なんじゃこりゃ!? 『ハダカのおっさんを庭に放し飼いにしております。』ですか???
『噛み付きませんが、一応ご注意ください。』とありますよ(笑)。なんだこりゃ~とジムへとテクテク。



着いた~、三宅村レクリエーションセンターなるクライミングジム。


初日に続いてやって来たぞ、と。


一番乗り~!


誰も居なく、貸し切り状態。


縦パノラマも撮ってみよう。このどっかぶりっぷり!!


ボルダリングのどっかぶりからも撮ってみたよ。ってか、これはルーフ壁ですわ。


ロープを取り出そうとしたのだけれど、なんとで無料でロープ貸出サービスあり!


ロープは貸出あるし、壁はこんなにもあるし、何より空いてますよ!
あ、オートビレーも完備していたんだった!それでいて使用料も安い!マジで移住もありかもね!



早速に、どっかぶりに取りついてみた~。


置いたカメラを拾い上げてくれて、外岩番長が撮影してくれましたよ。
前回の反省を踏まえて、適度に首を曲げて頭を上にして行きましたわ(血が上るの回避)。



登り終えた突風(5.11d) は辛かった~。


もいっちょ!左の青にも取りついてみた!


こっちの方が楽だったな。


その距離と、かぶりっぷりが楽しい。23区内では、なかなかに無いよね、こんな壁。
この後、ブリ(5.12a)に取りついたんだけれども、3本登り終えた後でもサクッと完登であったよ(グレード設定ミスだね)。



午前中で終えて、ジムを退出。途中退出の場合は、再入場可能という事で「クライミング利用券」がもらえるよ。



で、宿に戻ってきたら、お願いしていたアシタバがくるまれておったよ。
(本当は、アシタバ狩りへ行って自分たちで採取しょうとしてたけど、ミスコミュニケーションであった)



手頃なお昼を仕入れたく、港へ行く途中に売店へと。看板猫がごろにゃんと。



三池港へと到着。アシタバ君の顔出しパネルありましたよ(しかも、顔の部分開閉OK!)。


船がやって来て、T隊員が『微妙な配色の船だねぇ~』と。
すると『おやっ?』と突っ込みあって、『T隊員のダウンジャケットが全く同じ配色だよ!』と(笑)
後から合流した時に、その話を聞いて大爆笑。おいおいおい~、自分でダメ出しした配色の服着ているよ!と。



そんな微妙な配色の船内へと。


トリスウィスキーのグッズが陳列。アンクルトリスさんでしたか(何だか懐かしい感じのデザイン)。


ぶぉ~と船は行くよ。甲板の上は風がびゅーびゅーで寒い!


船内に戻って、持参した本を読むことに(皆寝てるし)。1冊は百田尚樹『風の中のマリア』で面白かった!
もう1冊は七尾与史『死亡フラグが立ちました!』で、こちらも面白かった!船内退屈せずに済みましたわ。



そろそろ、竹芝桟橋へと着く頃に、皆、むくりと起き出して精算タイムが始まった。
ここで驚きの内容がっ!ラッパ荘のお値段が当初の言い値と違ってた! えぇ~!?
ついでに、最終日に強者が借りた軽の午前中レンタルがしっかり1日分の¥4000!
おまけにガソリンを給油したら¥2000弱も入ったそうな…。ばか高いアタックとなりましたな…。



やれやれ、やっぱり新鼻荘だよねと言っているところで、竹芝桟橋に到着~。


帰りにTOKYO ISLANDS SHOP&CAFEで晩御飯して解散!


さてとで、無事に帰宅して荷物を整理。クラックにてちょっぴり傷ついた手が…、お風呂にて程良くしみるんだな。
両手に擦り傷ものだから、ボチボチ目立っちゃいますよ(でも、特に誰からも『どしたの?』と聞かれることも無く…)。


面白おかしく楽しい三宅島であったよ。三宅島は暑い季節に行けば海水浴にドルフィンスイムなんかも楽しめて良い所。
ついでに、新鼻荘に泊まれば美味しい食事をいただくことができるよと。夜には星空も綺麗だしね。
ただ、クラッククライミングが相変わらずの下手っぴにして、更に下手さが進行してしまったので、こりゃいかんですな。
ところで、船内でもらったパンフレット「東京の島へ」には、伊豆七島が紹介されていて、他の島も行ってみたくなりましたよ!